<< 手打ちそば処 栄林 | main | おくのほそ道 尾花沢そば街道 「きそば茶屋」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

尾花沢そば街道十二番所 伊豆の華

JUGEMテーマ:地域/ローカル

今日、紹介するお店は銀山温泉入り口にある尾花沢そば街道の
十二番所になる「伊豆の華」さんです、お店の駐車場が2台ある
らしいのですが場所が分からないので上の無料駐車場に車を
置いて坂道を歩いて来ると、もうすぐ銀山温泉というところの右側
に尾花沢そば街道のノボリが見えて来ました。



お店は左側にありますが、この坂を過ぎて左に曲がるとすぐに
銀山温泉です。



坂道に建てられた店なので独特の店の作りですね。



地酒も置いてあるようなので、銀山温泉に泊まって夜に来て、ゆっくりと地酒を呑みながら
そば料理を味わいたいものです。



いろんなメニューがあって悩んでしまいます…



そば街道十二番所の看板があります、とにかく店の中に入ってみましょう。





お店へは階段で下りて行きます。



階段を下りて振り返るとこんな感じです。



店の中はカウンターとテーブルがありますが、団体客が座れる座敷席もあるようです。



本当は板そばを食べるつもりだったのですが品書きに
揚げナスおろしそばというのがあって食べてみたくなり
注文することにしました、すぐに漬物が出て来ました。



揚げナスおろしそばが出て来るまで、この伊豆の華さんの店名の
由来についてお話しましょう、なんで山形でしかも銀山で「伊豆の華」
かというと・・・(お客様から1番に質問が多いようです)

店のご主人の苗字が「伊豆」なんです、なんでもここ銀山は名前のとおり
銀が掘れ、その時代はかなり採れたらしくここに全国から人々が集まり、
中にはここに定住した人もいました、そして、自分の出身地を苗字にしたと
言われています、こちらのお店の方の先祖もきっと「伊豆」からやってきて
ここで商売をはじめたんでしょう、そして、初代が華やかに商売が繁栄する
ように、伊豆家にとって華が咲きますようにと願いを込め名づけたそうです。



この店の蕎麦は厳選した尾花沢産そば粉『最上早生』をどんぐり挽きという特殊製法で
挽き、そば粉十割、つなぎ粉一割という【十一(といち)そば】を銀山の冷水で手打ちした
そばです。

揚げなすと紫蘇葉、オロシとしし唐と刻みネギが入っています、最初はそばを
啜ります、うん!美味しい!板そばでも良かったかな、まだ温かい揚げナスを
食べながら冷たい蕎麦を食べる、そして後はオロシと刻みネギを混ぜて豪快
に食べ進めて行く、今までにない食感です、この揚げなすおろしそばもいいですが
きっと板そばも美味しいんでしょうね〜



揚げナスおろしそば 850円 
そば処・酒処 伊豆の華
山形県尾花沢市大字銀山新畑383
TEL  0237-28-2036 
営業時間 AM11:00〜PM14:30、PM18:30〜PM23:00(22:30L.O)
定休日  第3水曜日 

| 尾花沢市 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 22:37 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://soba-soba.jugem.jp/trackback/264

Trackback