<< 出塩文殊堂の紫陽花と「そばのやまっく」 | main | 長井市の「そばきり八寸」さんが移転します >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

まんだらの里作矢沢そば処弁天

JUGEMテーマ:地域/ローカル
今日、紹介するお店はまんだらの里と言われる山辺町の作矢沢にある
そば処弁天さんです、場所は畑谷城跡の近くにあります、このお店は
営業が4月から11月までで営業日も金曜日から日曜日のAM11:00〜
PM2:00までと期間限定の営業になっています。

作矢沢といえば今から400年以上前、最上家の山城畑谷城があります
、慶長5年の関ヶ原の戦いの時、上杉景勝と最上義光・伊達政宗が戦う
慶長出羽合戦が当地で行われ、上杉家の知将直江兼続とその時の畑谷
城主江口五兵衛光清が激しく戦いましたが、江口以下数百名が討ち死に
したと伝えられています。〜作矢沢地区のホームページより



少し登ると城跡の碑がありますが実際はここから更に左側にある山道を
登って行くと主郭があるのですがさすがにこの暑さでは足が動かないの
でやめておくことにする。



この高さでも下を見下ろすといい景色が広がっている。



さて、時間はもうPM1:30です、そろそろ弁天さんに向かいます、ここから
は車で2、3分で到着です。



入り口のスペースにはお土産コーナーがあり地元産の野菜やイチゴ、作矢沢
の湧き水を使ったコンニャクなどが置かれています。



この作矢沢地区は豊富な湧き水が有名でたくさんの湧き水スポットがあり
湧き水マップも発行しているそうです、この麦茶も湧き水で作ったのかな。



店内は自然木を使った長いテーブルの椅子席とこちらも長いテーブルが
2つある座敷席があります、さて注文しましょう、と言っても品書きに
は手打ちそばの普通盛りと大盛りしかないので注文するのは簡単だ、他
にも天ぷらの盛り合わせとかもあるようです。



麦茶を飲んで一息入れていると蕎麦が運ばれて来ました、んっ?この蕎麦の
上に乗っているワサビ…、どこかで同じような蕎麦を見たような気がするの
ですが思い出せません、帰ってから調べてみると以前に山辺町の玉虫湖畔荘
で蕎麦を出していたご夫妻が町の事情で玉虫湖畔荘が閉鎖されたのを機に独
立してこの作矢沢に店を出したと言うことでした、因みにその時の記事はこ
の「新・そば日記」で紹介していました、その時の記事はコチラをクリック
して下さい→ 「玉虫湖畔荘」



以前の玉虫湖畔荘は平成23年11月30日に営業を終了しています、蕎麦に
ついては玉虫湖畔荘の時と同じになってしまいますが、あらためて紹介し
ようと思います、そば粉は地元産のでわかおりを使用し、そば打ちには
作矢沢の弁天湧き水を使い玄そばを二・八で打っています、ワサビも作矢
沢産の本ワサビで最初はツーンと来ますが後が爽やかな感じで鼻を抜けて
いきます、もちろんワサビは麺の上に少し載せていただきます。

玄そばなので麺にホシがはっきり見えますね、細打ちなのに歯ごたえがあ
りのど越しも良いです、大盛りは結構な量がありますが箸が進みます、つゆ
はちょっと辛めですがつけ過ぎないで下さい、蕎麦湯も濃くて美味しいです
、この蕎麦がまた食べられると思うと嬉しいかぎりです、期間限定なのは
残念ですが。



そば処弁天
山形県山辺町大字畑谷685
TEL 023-687-0265
営業時間 AM11:00〜PM2:00
営業期間 金曜日から日曜日 4月〜11月(期間限定)
手打ちそば普通   700円
手打ちそば大盛り 1,000円




 

| 山辺町 | 17:08 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 17:08 | - | - |

Comment

こんにちは!
いい感じのお蕎麦ですね〜
山形には行ったことありませんが
魅力を感じますね!
行ってみたいな〜

| 逸葵 | 2015/09/29 8:24 AM |

初めまして!
山形は古民家風のお店や本当の古民家のそば屋
さんが多いと思います、これから秋は紅葉も綺麗
なので是非、山形においで下さい♪
〜雪が降らないうちに〜

あとでブログのほうにお邪魔させていただきます。

| ひろぽん→ 逸葵さんへ | 2015/09/29 11:15 AM |

Submit Comment









Trackback URL

http://soba-soba.jugem.jp/trackback/407

Trackback